貯金がある無職のクレジットカード審査

7bae5f4122aa69f6d901c518256e2dc4_m

無職だけれど貯金で暮らしているという方もいるかもしれません。
多額の貯金があれば無職でも問題はありませんし、クレジットカードの返済もできるような気がします。

貯金があればクレジットカード審査に通過できるかというと、そうではありません。
クレジットカードの審査では、安定した収入があるかを重視します。
貯金があったとしても、無職なのですから安定収入はありませんよね。
そのため貯金で暮らす無職は、クレジットカード審査は通らないと思われます。

多額の貯金があるとしても、使ってしまえば当然減っていってしまいます。
派手な生活をしていれば、すぐに底をつくことも考えられます。
無職だと収入を貯金に回すこともできませんからね。
そうなるとクレジットカードの支払は、滞ってしまうでしょう。
今は貯金で支払いができるとしても将来どうなるかわからないということで、クレジットカード会社は無職は審査通過をさせないということなのです。

クレジットカード審査では、貯金の額は関係ないと言われています。
クレジットカード審査に影響を与える資産については、持ち家があるかくらいでしょう。
よって無職ではなく働いている方でも、貯金はクレジットカード審査には影響しないのです。

無職はクレジットカードの審査に通るのは難しいです。
それでもクレジットカードが欲しい!という無職もいるでしょう。

無職でも審査に通りやすいカードと検索をかけると、いくつか引っ掛かるクレジットカードがあります。

まずはACマスターカードです。
消費者金融系の審査が甘いクレジットカードとして知られています。
これなら無職が審査に通りやすいカードだと思えます。
ただ消費者金融が発行していることにより、収入のない無職は審査通過が難しいと思われます。

消費者金融は総量規制の対象となるため、無職は申込みができないことになっています。
そのため総量規制の対象外となるクレジットカードであっても、無職には発行しないと考えられるのです。
現にACマスターカードは、キャッシングカードにクレジット機能と付けたような感じです。
メインがキャッシングカードとなると、無職が審査に通りやすいカードとは言えないでしょう。

そしてイオンカードなんかも、無職が審査に通りやすいカードとされているようです。
ただ完全に無職となると、やはり発行は難しいでしょう。
無職と同じような自営業者や、無職であっても専業主婦や学生といった方なら、審査に通りやすいカードとなるようです。