デビットカードは審査なしだから無職もOK

0f095a14bd9c21ba88a054ed90cbee1e_m

クレジットカードの審査に通ることができない無職には、デビットカードがおすすめです。
デビットカードは15歳以上で銀行に口座があれば、発行することができます。
ほぼ審査なしで良いので、無職でも発行しやすくなっています。

デビットカードでおすすめなのは、楽天銀行JCBデビットカードです。
クレジットカードと違い審査がないため、16歳以上で楽天銀行に口座があれば無職でも発行されます。
楽天銀行で口座が開設できれば、デビットカードも発行できたといっても良いくらいです。

楽天銀行JCBデビットカードがおすすめなのは、ポイント還元率が1.0%あることです。
デビットカードはポイントがたまらないものも多かったのですが、これはクレジットカード並にポイントを貯めることができます。
審査がないのにお得なので、無職には嬉しいカードでしょう。

ただデビットカードにも、審査が必要なものもあります。
イオンデビットカードは、審査によっては発行できないことがあるようです。
このデビットカードは口座残高不足の場合10万円まで貸付をしてくれるサービスがあるので、審査が必要になっていると思われます。
無職だと審査に落ちる可能性がありますので、注意してください。

無職だから審査に通らないからとあきらめようとしても、クレジットカードが必要になることはあります。
クレジットカード審査に通らない人が、選んでいるのがプリペイドカードです。
プリペイドカードは審査なしで持つことができます。
クレジットカードはクレジットカード会社、デビットカードは銀行に申込みをしなければならず、発行に数日はかかります。
しかしプリペイドカードなら、コンビニで購入することもOK。
使いたいときに、すぐに手に入れることができます。
使い方はクレジットカードと同様ですから、無職でも簡単に使うことができるのです。

またインターネット上で使う、カードの発行がないプリペイドカードもあります。
インターネット決済でクレジットカード番号を入力するのには抵抗がある…というときに、1度しか使えないプリペイドカードにすれば安全です。
こちらも発行には審査がないので、無職の利用もOKです。

ただプリペイドカードはチャージをしなければならない手間があります。
チャージを忘れてしまうと、使用することが出来ないのです。
便利なのは審査はあれど、やはりクレジットカードです。
無職の間はプリペイドカードでしのいで、職に就いてからクレジットカードの取得を目指すのも良いでしょう。