クレジットカード審査における無職とフリーターの違い

4e9b10b3a7d9f761dc381b35104ba4f2_m

クレジットカードの審査通過は無職では難しいですが、フリーターなら可能です。
フリーターはアルバイトといえども、収入を得ています。
毎月定期的に収入を得ているフリーターなら、安定した収入があると言えます。
たとえ年収は低いとしても、クレジットカード審査に通ることはできるのです。

収入があるかないか、ここがフリーターと無職の異なるところです。
クレジットカードの申込基準を見ても「アルバイトでも可」としているケースは多いすが、「無職でも可」としていることはほぼありません。
無職は安定した収入を得ていませんから、どう頑張ってもクレジットカード審査に通るのは難しいのです。

無職がクレジットカード審査に通りたいなら、フリーターになることをおすすめします。
ただ体調不良や家庭の事情のために、すぐに働きに行けないという方もいるでしょう。
それなら内職を初めてはいかがでしょうか。
インターネットオークション、記事作成など、自宅でできる仕事は探せばあります。
月に数万円程度でも収入があれば無職ではありませんから、自営業、自由業としてクレジットカードの申込ができるようになります。
フリーターと同じように、クレジットカード審査に通ることができるようになるでしょう。

無職だと安定収入がなく、クレジットカード審査に通ることが難しくなります。
申込書の職業選択欄を見ても、「無職」の選択肢がないクレジットカードも多々あります。
この場合は無職が審査通過するのは無理と考えて良いでしょう。

無職でもクレジットカードを発行できる可能性があるのが、世帯収入で審査をしてくれるものです。
代表的なクレジットカードが、楽天カードです。
楽天カードの申込フォームには、本人に収入があるかを選択する欄があります。
無職でも収入なしにチェックをして、申込みをすることができます。
そして世帯収入の欄がありますので、そこに記入をします。
収入がある家族の分を、すべて合計してかまいません。
世帯収入が十分にあれば、無職でも審査通過できるかもしれません。

ただだからといって、無職が審査に通りやすいクレジットカードであるというわけではありません。
世帯収入で無職が審査通過するには、クレジットカードの発行に有利となる条件が揃っていなければならないでしょう。
クレヒスが悪いといった状況であれば、審査に落ちる可能性の方が高くなります。
また居住形態が賃貸や公営住宅に住んでいたり、固定電話がないといったケースも審査は通りにくいでしょう。