無職の専業主婦のクレジットカード審査

843f65971922f32952d434548b3738ea_m

無職ではクレジットカード審査に通ることはできません。
しかし専業主婦は、無職でもクレジットカードの発行が可能です。

その理由は本人は無職でも、配偶者に返済能力があると認められるためです。
無職の専業主婦は配偶者の収入で生活をしています。
専業主婦がクレジットカードを使った分も、配偶者の収入で支払われると思われます。
配偶者に安定収入さえあれば、無職の専業主婦に収入がなくても問題ないのです。

近年は配偶者に収入があれば、審査通過できるクレジットカードが増えています。
特に流通系のクレジットカードは、専業主婦に積極的に発行を行っているようです。
イオンカードやセゾンカードなどは、無職の専業主婦でも審査通過しやすいクレジットカードのようです。
専業主婦には狙い目ですね。

専業主婦は配偶者のクレジットカードを使っているケースも多いです。
しかし本当は本人名義のクレジットカードしか使うことができませんので、自分名義のクレジットカードを発行しておきましょう。

ただすべてのクレジットカードが、無職の専業主婦でも審査通過できるとは限りません。
審査が比較的厳しめのクレジットカードだと、本人に収入がなければならないとすることが多いようです。
なのでクレジットカードの申込基準を良く確認して、申込みをするようにしてください。

クレジットカードは高校生を除く18歳以上から、審査通過が可能です。
現在は学生のうちから、クレジットカードを発行しているケースも目立ちます。

学生は学業が仕事ですから、仕事には就いていません。
無職ではあるのですが、学生はクレジットカードの審査に通過することが可能です。

学生は無職ではあっても、アルバイトをしていることが多いです。
アルバイトをしていれば収入があることになり、クレジットカードの審査に通過できる可能性が出てきます。
学生なのでそれほど高い収入があるとは思えませんが、少しでも毎月アルバイト代をもらっているならクレジットカード審査には通過しやすいでしょう。

また無職の学生の場合は、親などの親権者が審査の対象となることがあります。
クレジットカードの審査は基本的に本人を対象にして行われますが、未成年だと申込時に親権者の同意が必要になります。
まだ親の監視の元クレジットカードを使うということになりますので、親に返済能力があれば無職の学生でも審査通過が可能なのです。

現在は学生向けクレジットカードも多数あります。
学生は比較的クレジットカード審査が優遇されることが多いので、社会人になる前に発行しておくことをおすめします。